O様邸

 

オーナー様からの一番の要望は「ダンスやギターのミニコンサートの出来る大型リビング」と「本格茶室」を合わせもった和洋折衷住宅・・・。計画段階で色々案が出たのですが、最終的には、内外共に切り離して考える事とし、全くの別空間としてデザインしました。

 

 

洋の空間は、石、パーケットフロアー、タイル等の仕上とし、和の空間は、特に茶室(小間)においては、炉縁、床カマチ、床柱等、京都より古材を取り寄せ仕上げました。

外観につきましても、洋側はタイル+スタッコ。和側はリシン吹付として、外壁色も全くの別色で区別したことにより、よりアクセントがつき、建物の形、と併せ非常に良く仕上がりました。

Share:

Share on facebook
Share on twitter
Share on pocket

お見積り・資料請求はこちら

リフォームに関する不明点・お悩みなどございましたら気軽にお問合せください。

※ご契約に至らなければ費用がかかることはございませんのでご安心ください。